初代矢野宗太郎は、京都・宇治田原郷の茶生産の豪農源右衛門の次男として生まれます。

明治時代に、アメリカ貿易の最も盛んな時に製茶の輸出を志し、茶商を始めましたのが
矢野園の濫觴であります。

その志を受け継いだ二代目芳造は優良銘茶の製造に専念し、全国の優良茶舗に販路を
拡大していきます。

その後も躍進を続け、戦前には幾多の協進会や博覧会等では褒賞の栄誉を賜り、
戦後は全国製茶品評会で農林水産大臣賞の栄誉を数多く授与されました。

昭和34年9月、芳造の三男善三郎が代表者として大阪の中心地新町に店舗を開設します。
以来、矢野園ならではの味わい得ぬ色と香りを、多くのみなさまにお届けできるよう
日々努力しております。
株式会社 大阪矢野園
〒550-0013 大阪市西区新町1丁目9-11
TEL.06-6531-4188(代)
四ツ橋交差点を北へ四筋目左折(西へ)
一筋目交差点手前北側
営業時間:10:00〜17:00(定休日:土日祝)
店内には、矢野園ならではの味をご堪
能いただける商品を数多く取り揃えて
おります。また、蔵を改装したカフェ
にて淹れたてのお茶とともに、こだわ
りのスイーツを味わいながら、ゆった
りとしたひと時をお過ごしいただけます

大好評のほうじ茶、抹茶ソフトは
週替わりでご提供しております!
     (写真は抹茶ソフト)